楽天証券の口コミ〜口座開設キャンペーン情報!〜

ノーロード投資信託(投信)比較ガイド

楽天証券

楽天証券 はネット証券で投資信託取扱NO1です。


 総取り扱い数1424本(ノーロード422本)とSBI証券に迫っています。
積立も1000円から可能で、自動引落も2013年5月から対応しています。

ゆうちょ銀行も引落可能です。

積立サービスの申込時に手数料の1%ポイントバックがあり、
 投資信託を始めたい方は、おすすめのネット証券です。

さらに、株取引の手数料も業界最安値水準米国株や中国株の取手数料も業界最安値水準ですので、今後、取引の幅を広げたい方は、楽天証券を持っておくと非常に便利です。

楽天証券は、1000円からの投信ミニ積立があります。!投信の充実度、コストの安、サービス充実度からも楽天証券はイチオシです!今なら、大量ポイントがもらえます!
                        ↓↓↓

■投信積立サービスも充実・楽天カードで積立すると1%ポイントバックも!


『投資をはじめるにもまとまったお金がない』『買うタイミングがわからない』『投信積立サービス』という方に毎月1000円から投資信託を買付けることができます。対象ファンド数:311本と充実しています。しかも楽天カードで積立すると、購入手数料の1%分をポイントバックです。

さらに、楽天カードで積立をすると、
証券口座への入金手続きが必要ない点も大変便利です。通常は、積立資金は、証券口座に入金する必要があります。でも、毎月、証券口座へ入金するのは面倒だし、忘れることもあります。楽天カードの積立だと、毎月そういった手間が省けるので便利です。

楽天カードは、楽天カードの買い物、公共料金の引き落しなどに利用できます。利用した金額に対して1%以上の高還元率クレジットカードなので一枚持っておくと便利です。

楽天カードのお取引の流れ

■「楽天スーパーポイント」は「楽天市場」をはじめとする、楽天グループ各社でサービスのご利用代金に充当することができます

【利用方法例】

「楽天市場」で話題のデジタル家電をGET 「楽天市場」で話題のデジタル家電をGET 楽天ブックス」で投資関連書籍を購入 「楽天ブックス」で投資関連書籍を購入

交換比率:「楽天証券ポイント」1ポイント→「楽天スーパーポイント」1ポイントです。

私もポイントがもらえるキャンペーン中に楽天カードを作りました。ポイントを貯めて、ANAマイルに交換し、年に2回帰省費を浮かせています。かなり重宝しています。

楽天証券<キャンペーン>大量ポイントプレゼント!

■外貨MMF

外貨投資するなら外貨FXが一番コストが安いのですが、最小単位で1000通貨が必要です。外貨MMFなら比較的安いコストで10単位通貨での外貨投資が可能です


通貨 申込手数料 スプレッド 解約手数料
米ドル建てMMF 無料 25銭 無料
ユーロ建てMMF 無料 50銭 無料
オーストラリアドル建てMMF 無料 70銭 無料
ニュージーランドドル建てMMF 無料 70銭 無料
カナダドル建てMMF 無料 80銭 無料
南アフリカランド建てMMF 無料 30銭 無料



少額でグローバル投資!! 10通貨単位から買付け可能!外貨建てMMFの場合、こんなに少額から買付けができます。

通貨 最低購入金額(円換算)
米ドル建てMMF 922円
ユーロ建てMMF 1,287円
オーストラリアドル建てMMF 661円
ニュージーランドドル建てMMF 548円
カナダドル建てMMF 765円
南アフリカランド建てMMF 100円



業界最安値水準!手数料147円に!


口座管理料 約定代金別(ミニ定額の場合)
10万円 20万円 50万円 100万円 300万円
無料 147円 196円 362円 647円 1.225円
スクリーニング IPO 夜間取引 単元未満株 外国株
44 米国、中国
入金手数料無料の金融機関
三菱UFJ みずほ 三井住友 JMB 郵貯 楽天銀行

〜感想〜

  楽天証券 は、口座維持管理手数料、現物株券の入庫、株式保管料などは一切かかりません
 

 米国株や中国株も購入できます。ETF(上場信託)も充実しています。
 米国株式市場に上場してるADR(米国預託証券)を通じて、インドやブラジルなどBRICs諸国の個別銘柄に投資をすることもできます。とりわけ、
米国株の取り扱い数は、業界屈指です。
中国株の手数料は、10万円以下だと525円と格安です。


 楽天証券に口座を開設する魅力は、なんといっても情報ツールが充実していることです。特に東洋経済オンラインが無料で利用できるようになります。東洋経済オンラインに個別契約すると、利用料金は 25週 6,000円(税込み)と 50週 10,000円(税込み)の2種類です。つまり、年間約1万円の利用料が無料になるということです。これはとてもお得だと思います。


さらに、マーケットスピードは99.50%の以上の方が無料利用中です。
マーケットスピードは、トレードツールの代名詞と言ってもいいような存在です。
有名なトレーダーも使っている定番のツールで、情報の質と量を含めて、あらゆる点で投資家から高い評価を得ています。

 

スクリーニングも大部分の財務関連指標に対応しています。情報ツールも日経テレコンが読めるなど配信元が豊富です。

 タブレットも含めてスマホにも完全に対応しています。

定期的な取引や預かり資産があれば、無料で利用できます。
楽天マーケットスピードで日経新聞が無料で読めて、新聞代58,056円の節約!

■お得な情報


こちらから口座開設すると大量ポイントがもらえるキャンペーン実施中!


楽天証券の口座開設をご検討の方は、下記リンクからエントリーすると大変お得です。


楽天証券<キャンペーン>大量ポイントプレゼント!



関連記事

楽天証券を取材してきました!楽天証券の知られない事実! 

楽天証券の投資信託検索 スマートフォンでも可能!
ETN iPath が楽天証券に登場しました! 
業界初!アセアン主要4カ国(シンガポール・タイ・マレーシア・インドネシア)上場銘柄が取引可能に







このページのTOPへ戻る

ノーロード投資信託比較ガイドのTOPへ戻る



Copyright (c)2009 All Rights Reserved.