1分でできる!ポートフォリオの作り方

ノーロード投資信託(投信)比較ガイド

1分でできる!自分に合ったポートフォリオの作り方


■ポートフォリオのバランスを考えよう!

投資信託を買う前にまずしておきたいこと、それは、自分に合ったポートフォリオを考えることです。残念ながらポートフォリオは、「これが最適!」と言えるものはなく、自分の年収、年齢、資産、家族構成によって異なるものです。ですので、自分に合ったポートフォリオを作るためには、自分がどのくらいリクスを許容できるかどのくらいのリターンを狙いたいのか、そしてリスク分散になっているかなど観点にして考え、自分に最適な独自のポートフォリオを作るしかありません。


そこでおすすめなのが、モーニングスターの「金融電卓」です。「金融電卓」では、目標達成に必要な年間利回りやその結果を元にあなたに合ったポートフォリオを作成してくれます。


【例えば】資金1000万、月々7万円を積み立てして、23年後に1億にするという仮定で入力してみました。

結果は、年間7.3%の利回りの運用が必要で、そのためのポートフォリオは、国内株式25%、国内債券25%、国際株式25%、国際債券25%という結果がでました。意外にも、とてもシンプルなポートフォリオになりました。これから初めて投資する方は、金融電卓を参考にしてご自分のポートフォリオを作成していみるといいと思います。既に投資されている方は、出された結果と現状のポートフォリオと比較してみると面白いですね。


■許容損失額をみてみよう!

さらに、そのポートフォリオから、あなたのポートフォリオが1年間で最大どのくらいの損失をこうむる可能性があるかも計算してくれます。モーニングスターの「金融電卓」を利用すれば、過去のデータを元に計算してくれます。上記の目標運用利回りを計算したときに表示される「元本割れするリスク」のボタンを押せば、自分の最大損失額が簡単にわかります。


最大損失額:
所定の期間内に95%の確率で最もリターンが低かった場合の損失額(マイナス表示)を表しています。
あくまで過去の統計的な数値をもとにして算出しており、将来の損益を保証するものではありません。
 

 投資をするとリターンばかりに想定してしまいがちなのですが、損失を出すシナリオも考えていると、いざという時に慌てずにすみます。ぜひ金融電卓を参考にしてみてください。


■ポートフォリの組み合わせ

ポートフォリオの組み合わせは、大きく分けて6つの資産の組み合わせになります。国内株式、国内債券、国際株式、国際債券、J-REIT 海外REIT の6つです。この6つ投信を独自で組み合わせる方法と、バランス型投信に投資してポートフォリオも専門家に任せてしまう方法もあります。


■独自でポートフォリオを組む場合のおすすめノーロード投信

低コストのノーロード投信で組み合わせをすると、コストを最小限に抑えてポートフォリオを作れます。

⇒⇒低コストのノーロード投信の組み合わせはこちら
⇒⇒低コストファンドのSTAMシリーズで組み合わせるパターンはこちらで紹介しています。




■バランス型投信を利用して、ポートフォリオまで専門家に任せてしまおう!


例えば、世界に分散投資した投資信託に投資して、ポートフォリオまで任せてしまう方法もあります。
下記は、セゾン投信の セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドのポートフォリオです。株:債券 50:50で1本で世界の30カ国以上の株式と10カ国以上の債券に分散投資できる優れた投資です。購入手数料無料、信託報酬0.77%の超低コストでおすすめの投信です。


 セゾン・バンカード・グローバルバランスファンドのポートフォリオ
運用の専門家が長期にわたって最適と思われるポートフォリオで運用してくれますので、「運用したいけど、どういった組み合わせがいいかわからない!!」という方におすすめです。

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの資料請求はこちらからできます。







このページのTOPへ戻る

ノーロード投資信託比較ガイドのTOPへ戻る



Copyright (c)2009 All Rights Reserved.