ネット証券の口座開設方法

ノーロード投資信託(投信)比較ガイド

ネット証券の口座の開き方


口座開設の流れを知っておくと段取りよく口座開設できますのでぜひ参考にしてください。

■ネット証券の口座開設の準備

1 資金準備
ネット証券は、口座開設手数料無料、口座維持手数料無料ですので、投信を購入するための資金を用意します。

2 本人確認資料
金融機関では本人確認資料(運転免許書)などが必須となっています。本人確認ができるもの1点だけあれば十分です。
一般的な本人確認資料としてお申込みの住所が記載されている下記書類のいずれか一通が必要になります。

1.各種健康保険証(カード式で裏面に住所の記載がある場合は裏面も必要となります)
2.運転免許証(変更があれば裏面も必要となります)
3.パスポート(顔写真のページ、住所のページいずれも必要となります)
4.住民票の写し(コピーのことではありません)
5.印鑑証明書
6.外国人登録原票記載事項証明書
7.外国人登録証明書
※1〜3及び7は有効期限内または現在有効なものをコピー。
※4〜6は作成・発行日から3ヶ月以内の原本をご用意ください。
ネット証券によっては、多少本人確認資料異なる場合があります。


3、指定口座を用意
ネット証券から資金を振り込む指定口座を用意しなければなりません。ネットバンクがあると便利です。

■ネット口座開設申込の流れ

STEP1 
インターネットで必要事項を入力して口座開設のための資料(口座開設申込書類)を取り寄せます。このとき、名前、住所など必要事項を入力します。
    ↓
STEP2
口座開設に必要な資料を請求すると、金融機関から数日後に必要書類一式が送られてきます。取り寄せた口座開設申込書類の中の「総合取引申込書」に必要事項を記入、捺印し、証券会社に返送します。このとき、本人確認資料を同封する必要があります。

 STEP3 
口座開設通知が届いたら、書類に書いてあるIDとパスワードを利用して自分の口座(ページ)にログインします。
   ↓
 STEP4
 必要な購入資金を証券会社の口座に入金します。買いたい投資信託の値段によって入金額が異なります。


⇒⇒⇒次は自分のネット証券口座に入金する方法の説明です。


■ネット証券の口座開設はこちらからお申込ができます。


  楽天証券の無料資料請求・口座開設はこちらからできます。
ノーロード投信142本と投信も充実。9割の投信で1万円からの積立が可能。私も利用しています。


SBI証券の無料資料請求・口座開設はこちらからできます。
楽天と同様に投信数が豊富。私もメインで利用。


 
セゾン投信の無料資料請求はこちらからできます。 人気!
購入者の7割が30代、40代。現役世代に人気です。2006年から純資産200億に成長しています。

 マネックス証券の無料資料請求・口座開設はこちらからできます。
投信数104本、・ノーロード投信数40本。画面の使いやすさはNO1の評価。投信の検索機能で投信を比較できて便利!夜間取引、ミニ株、IPOの抽選が人気





このページのTOPへ戻る

ノーロード投資信託比較ガイドのTOPへ戻る



Copyright (c)2009 All Rights Reserved.