アクティブ運用・パッシブ運用とは・投資信託用語

ノーロード投資信託(投信)比較ガイド

アクティブ運用・パッシブ運用とは

東証株価指数(TOPIX)など投資対象となる株価指数などをベンチマークとして、それを上回る収益を目指すことをアクティブ運用、ベンチマーク並みの収益を目指すことをパッシブ運用といいます。アクティブ運用は、企業調査などをもとに、ファンドマネージャーが投資先や売買のタイミングなどを決めて運用しているため、パッシブ運用より手数料が高めに設定されています。

関連ページ
インデックスファンドで手堅く運用




このページのTOPへ戻る

ノーロード投資信託比較ガイドのTOPへ戻る


Copyright (c)2009 All Rights Reserved.