ノーロード投資信託(投信)比較ガイド
ここ

長期投資にもやっぱりタイミングが重要!

長期投資のメリットを最大限に活かすポイント
  長期投資は金融商品の選択やタイミングが大切
  長期投資は運用成績を安定させる効果がある
  長期投資は複利効果が期待できる
  税金面で有利
  若いうちの失敗はカバーできる



長期投資は、金融商品の選択やタイミングが大切


長期投資がいいと言っても、購入する金融商品や時期を間違えば長期投資の魅力は薄れてしまいます。仮に1980年代の日経平均が4万円台のバブル期に日本株を購入して今現在まで保有していたら、資産は目減りしていることになります。逆に2003年の日経平均が8000円台の底値で株を購入していれば、資産は経済の成長の波に乗って増えていることになります。このように、購入するタイミングは長期投資には大切なのです。


また、選ぶ金融商品の選択も同じことが言えます。
その年によって、または数年に渡って、上昇トレンドに乗っている金融商品もあれば、下降トレンドに乗っている金融商品もあります。

長期投資は、適正価格または価格以下で購入することで長期運用のうまみを享受できるのです。



■長期投資は、運用成績を安定化させる効果があります


短期間では価格変動が激しい金融商品でも、保有期間を長くすることで、価格を平均化することができ、運用成績を安定的にさせる効果があります。



■長期投資は複利効果が期待できます。


複利効果を最大限に生かせることも長期投資の利点です。(複利の効果については加速的にお金が殖える法則のページをご覧ください。)
期間が長くなれば長くなるほど、複利の効果が長くなります。


■長期投資は税金でも有利


長期投資の場合、売買の手数料や実現益に対し課税される税金コストも軽減できるのが魅力です。


■若いうちの失敗はカバーできる

若い20代〜40代は、将来的に運用期間が長く取れるので、投資の損失を取り戻す時間があります。
世界の投資家バフェットは「私が初めて投資を行ったのは11歳のとき。それまでは人生を無駄に過ごしていたわけだ。」と述べています。
時間は投資の味方です。早く始めることによって時間を味方につけるだけでなく、投資の成功のノウハウも経験によって身に付きます。






次のページ:大底を探り安値圏で買う  

このページのTOPへ戻る

ノーロード投資信託比較ガイドのTOPへ戻る