トヨタFS証券の詳細と評価・感想

ノーロード投資信託(投信)比較ガイド

トヨタFS証券の詳細と評価・感想

トヨタFS証券の特徴

トヨタFS証券は、トヨタ自動車100%出資の証券会社です。
トヨタFS証券の特徴は、株式の取り扱いがなく、トヨタ関連を中心とした投資信託や債券を販売しています。


トヨタFS証券では、中長期の資産形成をするのに何がベストで、どんなサービスをすれば良いかを徹底的に突き詰めたその結論が、投資信託および外貨建て債券という商品の選択となったそうです。


トヨタFS証券のポリシー

 世界のトヨタがモノづくりで培ったノウハウをもとに、「安心」「わかりやすさ」「便利さ」を、個人の資産形成においても実現していく。そして、先輩達が築いてきた“トヨタスピリット”を金融の世界で実践する、これがトヨタのポリシーです。

日本だけでなく、世界を代表するトヨタ自動車のモノづくりのノウハウを活かしたサービスと商品のラインナップです。商品の選択においても凄く気を使っています。販売してる側がわからないような商品は扱わない。若いスタッフでも理解できて、きちんと説明できる商品でなければ扱わないようにしているそうです。


そして、長いお付き合いの中でじっくり個人投資家の財産を殖やすことができる商品選択を心がけています。

一貫しているのは“Get rich slowly”発想。


 目先これが良さそうだから、これが儲かりそうだから、という発想ではなく、毎年毎年大きな変化が起こっている中で、トヨタFX証券が首尾一貫しているのは、中長期で資産を“守る・殖やす”という発想です。

100年に一度の金融危機を体験して気づいた方も多いと思いますが、忘れてはならないのは大切な財産を“守る”事の大切さ。トヨタFS証券ではそういう意識を徹底しています。


今注目のトヨタFS・ハイブリットカー・ファンド

「トヨタFS・ハイブリッドカー・ファンド」は、時代の流れを捉え、ハイブリッドカー関連ビジネスで恩恵を受ける企業の株式を運用のプロが銘柄選定し、パッケージにしています。気軽に1万円から投資が可能です。

環境問題からガソリン車よりも二酸化炭素の排出量が少ない環境対応車への取組みが深まっています。特にハイブリッドカーの普及が促進しています。
この時代背景を受けて、ハイブリッドカー関連ビジネスの恩恵を受ける企業に着目した今までにない投資信託「トヨタFS・ハイブリッドカー・ファンド」が注目を集めています。


購入単位1万円以上1円単位
購入手数料 2.1%
信託財産留保額 0.3%
信託報酬 年率1.50675%(税込)

※トヨタFS証券のみの取り扱いです。


トヨタの成長に投資したい方へおすすめ投信


トヨタグループ世界債券ファンド
国内外のトヨタグループが発行する債券を実質的が主要対象です。主要5通貨(米ドル・ユーロ・英ポンド・豪ドル・カナダドル)に均等分散されています。トヨタFS証券のみ購入できます。
購入手数料 無料
信託報酬   1.029%
信託財産留保額 0.2%


トヨタグループ株式ファンド
トヨタ自動車とそのグループ企業に投資します。1万円からの投資や積み立てが可能なので、コツコツと投資していきたい方にもおすすめです。
購入手数料 1.575%
信託報酬   0.7425%
信託財産留保額 なし



私も資料請求しました。
・サービスガイド
・トヨタFS証券のご案内
・ファンドラインナップ
・トヨタMRF
・証券口座開設申込書
・自動引落サービス申込書
が入っていました。お取引方法や商品のラインナップは、詳しくわかりやすい解説です。資料請求は無料ですので、興味がある方は資料請求をするとより理解が深まると思います。

トヨタFS証券公式ページ


当サイト人気ナンバーNO1 セゾン投信



このページのTOPへ戻る

ノーロード投資信託比較ガイドのTOPへ戻る


Copyright (c)2009 All Rights Reserved.