持っている投信の販売会社、運用会社、管理会社が倒産したら?

ノーロード投資信託(投信)比較ガイド

持っている投信の販売会社、運用会社、管理会社が倒産したら?


 投信にかかわる会社が倒産したら私たちの大切な資金はどうなるんだろう。投資を買う前に心配になることですね。その疑問にお答えします。

投資信託は、3つの機関が関係しています。

 販売会社

  証券会社・ネット証券・銀行、郵便局など私たちが投信を購入する窓口

 運用会社

  ファンドマネージャーと呼ばれる運用責任者やアナリストが在籍し、運用の支持をする。

 管理会社

  運用を受託し、私たちが投資した資金を管理してくれる信託銀行


 この3つの機関のうち、ひとつが倒産したらどうなるのでしょうか。私たちの投資資金は次のように保護されるようになっています。

 販売会社が倒産した場合、他の販売会社への預け替えか時価での中途解約により保護されるようになっています。投資信託の受益証券は、購入した窓口の販売会社が保護預かりをしています。その受益証券は、会社保有の資産とは別に分別管理され、販売会社が倒産しても私たちの資金は守られるようになっています。

 運用会社が倒産した場合、他の運用会社に運用を引き継がれるか、繰り上げで償還されます。他の運用会社に引き継がれた場合、投資信託を持ち続けることができます。

 管理会社が倒産した場合、他の信託銀行へ移管手続きが行なわれるか、自動解約により資金は保護されます。管理会社は、自社の資金と投資信託の資金を分別保管するように法律でき義務づけられています。そのため、管理会社が倒産しても、私たちの資金は守られるようになっています。


元本保証なし、預金保険制度の対象外ですが、どの会社が倒産しても私たちの資金は保護されるようになっています

倒産したらどうなる?に関して質問をいだだき、より詳しい情報を調べました。







このページのTOPへ戻る

ノーロード投資信託比較ガイドのTOPへ戻る



Copyright (c)2009 All Rights Reserved.