楽天証券を取材!楽天証券の魅力とは!

ノーロード投資信託(投信)比較ガイド

楽天証券を取材!楽天証券の魅力とは!

今回は、 楽天証券 の投信債券事業部長の佐藤様(写真掲載)に
楽天証券の裏側、メディアでは知られていないお話をインタビューしてきました!


質問の流れ
1) 投資信託1000本以上の品揃え
2) 海外ETFの今後の展開!
3) 海外先物サービス開始!
4) 楽天マーケットスピードが人気のわけは?



<<1) 投資信託1000本以上の品揃え >>
質問(私)
まずは、投資信託からお聞きしたいと思います。
楽天証券は、取扱数が1000本と、証券会社でもトップクラスの品揃えですね。今回、600→1000本と急激に本数が増えましたが、どういった投資信託を中心に
追加されたのでしょうか。またその選定基準があれば教えてください。

楽天証券(佐藤)
現在日本で設定されている株式型投資信託は約3000本あるのですが、楽天証券は、1000本以上とそのうち1/3をカバーしております。主に、ご要望があるファンド、マーケットで時流に乗ったファンドが取り扱いの候補になります。
お客様が求めている投資信託が楽天証券ならすべて揃っている状態にしておきたいと思っておりますので、ローリスクローリターンのものからその逆の投資信託まで幅広く揃えています。

最近は、お客様から新興国に関連した商品の要望が強いため、
新興国の投資信託にも力を入れています。

質問(私)
楽天証券は、1000円から始められる「投信ミニ積立」を提供されていますね。
初心者の方でも、「やってみたいけど、よくわからない・・・」という方に私もぜひおすすめしたいサービスです。実際、「投信ミニ積立をはじめられる方は多いのでしょうか。


楽天証券
当社が初めて、投信のミニ積立を始めたのですが、導入前に比べ、積立投信の設定件数が約4倍になりました。このサービスは、投資信託の流れを大きく変えたと思います。実際は、1000円のみで積立投信を設定するお客様は少なく、いろんな投資信託を組み合わせて運用されています。

例えば、最近はSTAMeMAXISシリーズのような販売手数料が0円で信託報酬も安いインデックスファンドが人気なのですが、こ
ういった銘柄を3〜4本を組み合わせるなどご自身に合ったポートフォリオを組んで運用されている方が多いですね。

投信ミニ積立が始まる前は、最低積立額が1万円だったので、5銘柄の投資信託を積立すると最低5万円必要でした。投信ミニ積立なら5銘柄を組み合わせても5000円から投資できるので、自由度の幅が広がるという点でもよかったのだと思います。

質問(私)
投資信託も為替や経済の動きによって注目される投資信託がありますね。
今なら海外リートやブラジル債券、豪ドル債券に投資した投資信託がよく売れているようですが、こういった一時的な流行に関係なく、よく売れている投資信託はどういったものがありますか? 


楽天証券(佐藤)
インデックス投資は安定的に人気です。特に投信積立で設定が多いSTAMイーマクシスシリーズなどが定期的に売れております。

質問(私)
楽天証券独自の投資信託 「楽天525」のメリットやおすすめポイントを教えてください。

楽天証券(佐藤)
セミナーなどで「投資をはじめたいけど何かっていいかわからない」という方が意外と多くいらっしゃって、その声に応えて、年金運用などで有名な明治安田アセットマネジメントに設定をお願いしたのが「
楽天525」です。

「長期保有」で「安定した収益の確保」を目指す投資信託ということで、信託報酬をおさえ0.525%で提供しているのですが、これはバランス型の中ではもちろん、投資信託全体の中でも、最低水準の安さです。楽天証券のお客様においてもバランス型の投資信託の中では、「楽天525」を積み立てている件数が一番多いです。ちなみに、楽天525の525は、信託報酬の0.525%の数字から名前を付けました。

楽天525の詳細記事

質問(私)
楽天証券でおすすめのツールがあれば(投資信託に関する)教えてください。

楽天証券(佐藤)
1000本以上も品揃えがありますから、投資信託の探しやすさにもこだわっています。純資産、販売手数料、トータルリターン、信託報酬、分配金などから検索することが可能です。楽天証券は、IT企業である楽天の子会社ですので、その強みを生かして、楽天らしい検索機能を充実させていますし、これからもさらに使いやすさを追求していく予定です。
楽天証券<無料>口座開設・資料請求はこちらからできます




<<2) 海外ETFの今後の展開!>>
次は、海外ETFについてです。
質問(私)
海外ETFの品揃えが、非常に豊富ですね。
ベトナムETFに加え、インド、タイ、フィリピンへの投資も可能になり、
ますます充実していますね。海外ETFの今後の展開について教えてください。


楽天証券
販売前からお客様のご要望も強かったということもあり、ベトナムETFは取り扱い開始以来、楽天証券の海外ETFにおいて、売買金額連続1位を記録しています。(2010年12月現在)。ベトナムへの投資といっても、個別株を取引するのは難しいですので、手軽さからも、ベトナムETFを購入される方が多いと思います。

現在、主要国のETFは、ほぼ取り扱っていますので、今後は、お客様のニーズを反映した海外ETF、おもしろいなあと思えるETFを取り揃えていきたいと思っています。

楽天証券<無料>口座開設・資料請求はこちらからできます




<<3) 海外先物サービス開始!>>
質問(私)

最近、海外先物の取引が開始されましたね。
大手のインターネット専業証券では初めてとお聞きしています。
海外先物のみなさんの反応はいかがですか?
また、海外先物取り扱いを始めた経緯を教えてください。

楽天証券
海外先物のサービスを開始して1カ月くらい経ちますが、既に約3,000人の方に海外先物取引口座を開設していただいております。
大阪証券取引所に上場する日経225など国内の先物取引の経験があるお客様が海外先物の取引を希望なさる場合が多いです。

海外先物を導入したきっかけは、まず、「日経225先物を24時間取引したい」というニーズにも応えたことです。

大証に上場する「日経225先物」に加え、CMEおよびSGXに上場する「Nikkei225」を取り揃えたことにより、現在、楽天証券は世界の日経225に連動する先物取引をすべて取扱う国内唯一の証券会社となっています。

また、「金」や「原油」といったコモディティへの投資も可能です。面白いところでは「小麦」なども扱っているんですよ。

楽天証券<無料>口座開設・資料請求はこちらからできます




<<4) 楽天マーケットスピードが人気のわけは?>>
質問(私)
楽天証券のツールと言えば、楽天マーケットスピードですね。
iphoneにもいち早く対応し、さすが楽天証券だと思います。
他社にはないマーケットスピードの強みを教えてください。
また、今後の取り組みについて教えてください。


楽天証券
楽天証券は、お客様のニーズにあった品揃えを第一に考えてますので、FXやCFDなど取扱い商品が増えるたびにバージョンアップするのはもちろんですが
、カスタマーサービスに寄せられたお客様の声をいち早く反映することで、高いユーザビリティー実現しています。そういう意味では、「マーケットスピード」は、お客様の声で育てていただいたツールといってもいいと思います。おかげさまで、多くのお客様から高い評価をいただいております。
最近では、いつでもどこでも取引したいというお客様も増えていますので、iPhoneに対応した「iSPEED」に加え、アンドロイドなど、その他のスマートフォンにも対応していく予定です。「マーケットスピード」をお客様のスタンダードツールに育てていくのが私たちの役目だと思っています。

~私からひとこと~
楽天証券がお客様の声を大切にし、「お客様のニーズに応えたい!」という気持ちが非常に強く伝わってくる取材でした。これからの楽天証券様のご活躍を期待しております。また、ぜひ、新しい展開があった際には、取材をさせていただきたいと思います!

楽天証券<無料>口座開設・資料請求はこちらからできます



関連記事
ETN iPath が楽天証券に登場しました!





このページのTOPへ戻る

ノーロード投資信託比較ガイドのTOPへ戻る


Copyright (c)2009 All Rights Reserved.

おすすめ関連サイト
外貨両替の手数料が節約できる! 外貨MMF比較 外国債券・外貨建て債券購入ガイド! ボリンジャーバンドの使い方