ノーロード信託とは

販売手数料が安い投信かノーロード投信を探そう

投資信託を購入する場合、販売手数料がかかります。投信の種類によりますが、0円〜3.15%です
この販売手数料が無料なのが、ノーロード投信です。
この販売手数料は運用会社が定めた手数料の範囲内で証券会社が決めています。

私の場合、同じ様なファンドの内容であれば、ノーロード投信を選びます。


その理由は、
 
仮に100万円分投資信託を購入して販売手数料が2%だとすると2万円もの販売手数料がかかります。

一方、ノーロードであれば、手数料は0円です。
その差2万円です。
2万円の手数料、とても痛いです。1年間で2%の運用成果があっても利益は0です。一方、ノーロード投信なら2%の成果で2万円弱の利益を得られます。

ノーロード投信のよさは、最初から資金を減らさず、スタートの時点で全額で投資できる点です。投資信託を選ぶときは、同じ様なファンドであればノーロード投信がないか調べてみるといいと思います。


 

ネット証券詳細と「投信とノーロード取扱状況」

ノーロードの販社は50社以上あります。その中でもノーロード投信の取り扱いが豊富なのがネット証券です。
  ネット証券 コメント
楽天証券
ノーロード投信・ETFの品揃えが充実

投信369本 ノーロード投信142本と投信も充実。9割の投信で1万円からの積立が可能。米国はじめ海外ETFも充実し、海外への投資の選択肢が豊富。無料で使える情報ツールも評判が高い。⇒詳細

人気ノーロードファンド⇒楽天525 
バランスファンドのコスト最安値水準の楽天証券の注目投信です。
SBI証券
ノーロード投信・ETFの品揃えが充実


投信310本、ノーロード投信110本と投信が楽天証券と並ぶ充実度。画面の使いやすさ、現物手数料の安さ、海外ETFの充実で人気NO1を誇るネット証券。⇒詳細

人気ノーロードファンド⇒スゴ6

セゾン投信
投資信託|セゾン投信

2本の投信が注目高い!

その中でもセゾン・バンガード・グローバルバランスファンド 数少ない運用者の顔の見える投資信託。社長が講師のセミナーしたり、マネー雑誌によく登場します。一貫した投資哲学を唱え続け、ファンも安定期に増えています。
マネックス証券


マネックス資産設計ファンドが注目


投信数104本、・ノーロード投信数40本。画面の使いやすさはNO1の評価。夜間取引、ミニ株、IPOの抽選が人気!⇒詳細

人気投信⇒マネックス資産設計ファンド
分散投資のプロが投資理論に基づいた分散配分を決定しています。