ネットバンクは証券会社への資金移動に便利でコストも安い!

ノーロード投資信託(投信)比較ガイド

ネット証券に入金方法。手数料を安くする方法。

■ネット証券に入金するおすすめ方法

投資信託や株式投資をするためには、証券会社(ネット証券を含む)に資金を入金しなければなりません。口座に入金する金額に決まりはありません。しかし、投資信託の価格は日々変動していますし、買いたいと思ったときすぐ買えるよう、少し余裕を持って入金しておくといいと思います。


ネット証券の口座に入金する方法は大きく2通りあります。

1、ネット証券が指定する口座に直接振り込む方法
2、即時入金サービスで入金する

入金の際の手数料を安く済ませるのなら、「即時入金(リアルタイム入金)サービス」を利用するのが一番です。

「即時入金サービス」とは、ネット証券が金融機関と提携して、インターネットで入金指示をすれば、手数料が無料になり、リアルタイムで入金ができる決済サービスです。

即時入金サービスを利用すれば、手数料
無料で24時間いつでも証券会社の口座に資金を移動させることができます。

この即時入金サービスを利用するには、事前に提携しているネットバンクを持つか、金融機関のインターネットバンキングを利用できる状態にしておく必要があります。


証券会社で即時入金サービスが使える主な金融機関は
みずほ銀行、三菱東京UFJ、三井住友銀行、ゆうちょ。

ネット銀行は、 楽天銀行 、ジャパンネット銀行です。

即時入金サービスが使えないと、投資をするためにわざわざ銀行へ行って振込をする作業が発生しまったり、振込まれるまで時間がかかったりします。そうすると投資のタイミングが失われたり、投資意欲がそがれてしまう可能性もあります。いつでも投資ができる環境を作って、投資のタイミングを逃さないようにしましょう!


■ネットバンクを利用できるようにしよう!

ネット証券に投資資金を入金する際には、ネットバンクがあると手続きがスムーズで手数料も安いためおすすめです。

即時入金サービスを利用するためには、ネット証券が指定する金融機関の口座をひとつ持たなければなりません。首都圏に住んでいる人は、不便を感じないかもしれませんが、地方に住んでいる場合は、近くにない金融機関を選ばなければならないこともあります。そこでやっぱり便利なのがネットバンクです。ネットバンクの口座を開設しておくと、家の近くにネット証券が提携する金融機関がなくても、即時入金サービスが利用できます。わざわざATMに行かなくても済むし、無料で資金移動ができて便利でお得です。


さらに、ネットバンクは、、他行振込手数料が無料になったり、定期預金金利が通常の銀行よりも高いのでおすすめです。




ネット証券とネットバンクの即時入金サービス対応状況
楽天銀行 ジャパンネット銀行 新生銀行 住信SBIネット銀行
SBI証券 ×
楽天証券 × ×
マネックス証券 × ×
カブドットコム証券 × ×



   
おすすめネットバンク 
住信SBIネット銀行
SBIネット銀行は、他の証券会社との提携はされていませんが、多くのFX会社との提携がされていいます。

さらに、他行振込手数料が3回無料高金利、ATMなどの利便性など、ネット証券中で最高レベルです。

さらに、SBI証券との口座と一元管理が可能で、SBIハイブリッド預金なら、定期預金なみの高金利です。

SBIネット銀行で年間3万円の節約効果!(姉妹サイトへ









このページのTOPへ戻る

ノーロード投資信託比較ガイドのTOPへ戻る



Copyright (c)2009 All Rights Reserved.