ETN iPath(アイパス)のVIX指数が注目される楽天証券

ノーロード投資信託(投信)比較ガイド

楽天証券 経済ビックニュースが出ると注目されるVIX指数に投資が可能


ETN iPath 手数料無料キャンペーン実施中!


世界の金融不安が続く中、投資を控えたり、「投資チャンスはいつ来るのか」と行動をしたくても市場の動きが見極められなくて、状況を見守る状態が続いている個人投資家も多いと思います。


そんな中、私たち個人投資家がどんな状況でも投資の可能性を広げてくれるバークレイズのETN 「iPath(アイパス)」が登場しました。

<ETN iPathってどんな金融商品? >


ETNは聞き慣れない金融商品だと思います、それもそのはず、ETNは2006年にはじめてニューヨーク証券取引所に登場した金融商品で、iPathは2011年8月23日に初めて日本に上場したので、まだ馴染みがない方も多いと思います。

ETNは、指数に連動するETFと非常によく似ていますが、ETNの最大のメリットは、個人投資家が今まで投資したくてもできなった分野、特に恐怖指数VIXや商品、貴金属、エネルギー、農産物、穀物の指数に容易に投資できる点です。また、ETNは、債券の発行体やコストや価格がはっきりしていますので、透明性の高い金融商品である点です。

◆ETNとETFは具体的にどう違うの?

  ETN   ETF
 パフォーマンス  対象指標に連動  対象指標に連動
することを目標とする
 元本リスク  有り  有り
 マーケットリスク  有り  有り
 発行体リスク  有り  無し
 トラッキングエラー
(対象指標価格 VS 償還価格/NAV )
 無し  有り
 トラッキングエラー
(対象指標価格 VS 取引所売買価格)
 有り  有り
 年規制・制限のある市場へのアクセス  可能  困難
 取引所における日中取引  可能  可能
 空売り  可能(例外あり)  可能(例外あり)
 一定口数以上での期中解約  可能
(発行体に対して償還請求)
 可能
(カストディアンに対して解約請求)
 コストの透明性  極めて高い  高い


大きく違う点は、2つあります。

まず、ひとつ目に発行体です。ETNは、簡単に言えば、銀行など金融機関が上場する債券です。つまり今回ご紹介するiPathは、イギリスのバークレイズ・バンク・ピーエルシーによって発行されるETNのことをいいます。

二つ目に株取引やETFと違って現物が裏付けされた取引ではなく、株式指数、商品価格、新興市場、ボラティリティ、通貨、金利、レバレッジ型株式、投資戦略など特定の指標のリターンに連動する事を発行体(iPathの場合は、バークレイズ・バンク・ピーエルシー)が保証します。簡単に言うと、現物が取り引きされるのではなく、指数に連動することが保証された金融商品です。
ですので、ETNの選ぶときは、まず、発行体が安心・安全であることが先決です


<じゃあ、バークレイズ・バンピエールシーはどうなのかな?という疑問>
投資する際には、やっぱりその金融商品の健全性や信頼度は気になりますね。
ETNは2006年にニューヨーク証券取引所に初登場して以来、米国で160億ドル(約1兆3000億)以上の市場規模に成長しています。その中でバークレイズのシェアは50%以上で
バークレイズの長期信用格付けは

ムーディース Aa3
S&P   A+
FITCH FICHRating AA-

(2011年 12月現在)となっています。

<iPathの中で最も注目されるのがiPath VIX中期 VIX短期>

VIXほどわかりやすい指標はないと私は思っています。
VIXは恐怖指数と言われ、投資家の心理に大きく影響される指数です。
投資の世界は投資家が抱く感情に大きく影響しています。リーマン危機、ギリシャ不安など投資家にとってマイナス要因が起きると市場はパニックになりVIX指数は大きく跳ね上がります。

まさに、現在のように混乱した世界経済では、ビックニュースが流れるほどVIX指数でチャンスをつかめる魅力的な金融商品なのです。


<iPathのラインナップ>2011年11月29日現在

 名称<略語> 対象指数   ディッカー 年間手数料 
 iPath VIX中期  S&P 500VIX中期先物指数トータル・リターン  2029  0.89%
 iPath VIX短期  S&P500VIX中期先物指数トータル・リターン  2030  0.89%
Path 商品  S&P GSCI 商品先物指数トートータル・リターン   2021  0.75%
 Path 貴金属   S&P貴金属指数トータル・リターン  2022  0.75%
 Path 産業用メタル GSCI産業用メタル指数トータル・リターン   2023  0.75%
 Path エネルギー  S&P GSCIエネルギー指数トータル・リターン  2024  0.75%
 Path 農産物  S&P GSCI農産物指数トータル・リターン  2025  0.75%
 Path 穀物  穀物 S&P GSCI穀物指数トータル・リターン  2026  0.75%
 Path ソフトコモディティ  ソフトコモディティ S&P GSCIソフトコモディ商品指数トータル・リター  2027  0.75%
 Path 畜産物  畜産物 S&P GSCI畜産物指数トータル・リターン  2028  0.75%




<楽天証券で簡単取引小額取引が可能>
ETNの情報提供に力を入れているのは、楽天証券です。
iPathの購入方法も簡単で楽天証券で株取引の手順と同じように売買できます。
しかも、一口2000円〜6000円の小口取引が可能です。VIX指数に興味を持っている方には、最初の一歩として踏み出しやすい金額です。

また、楽天証券は手数料キャッシュバックのキャンペーンをしているのでお見逃しなく!
口座管理料は無料です


ETN iPath 手数料無料キャンペーン実施中!


このページのTOPへ戻る

ノーロード投資信託比較ガイドのTOPへ戻る


Copyright (c)2009 All Rights Reserved.